ロゲイン ミノキシジル育毛剤

ロゲインなどのミノキシジル育毛剤は効果が高い反面、副作用の危険性があります。そこで、ミノキシジル育毛剤を購入する前に試しておいた方がいい育毛剤をご紹介します。
MENU

ロゲイン等のミノキシジル育毛剤を使う前に試しておくべき育毛剤

ロゲインやリアップX5をはじめとしたミノキシジル育毛剤は薄毛が進行している人に効果がある育毛剤です。ですが、逆に言うと薄毛が進行していない人に関してはリスクの高い育毛剤だといえます。

 

それなのにロゲインやリアップX5などのミノキシジル育毛剤は効果が高いからと、それらの育毛剤を使うべきではない多くの人が使っているようです。

 

そこで、もしあなたの薄毛があまり進行していないのであればロゲインなどのミノキシジル育毛剤を使用する前に試すべき育毛剤を理由とともに解説します。

 

ミノキシジル育毛剤を使って効果が期待できる薄毛のパターンとは?

ミノキシジル育毛剤に同封されている取扱説明書を参考にどんな薄毛のパターンの場合に効果が期待できるのか確認していきます。(今回はリアップX5の取扱説明書がかなり、わかりやすく記載されているのでリアップX5の取扱説明書を参考にします。)

 

ロゲイン等のミノキシジル育毛剤を使う前に試しておくべき育毛剤

 

上がリアップX5に同封されている取扱説明書です。ミノキシジル成分を配合している育毛剤は医薬品として分類されどの対象となる薄毛が壮年性脱毛症です。壮年性脱毛症の中でも上記の4種類の薄毛に対して効果があるようです。

 

この4つの薄毛のパターンに共通していることは頭頂部が薄いという事です。つまり、逆に考えると頭頂部が薄毛ではないM字ハゲの人や生え際だけが後退している人に関しては効果が期待できないとも捉えることが出来ます。

 

これはミノキシジル育毛剤の特徴でもあるのですが、ミノキシジルは血管拡張作用によって血流を良くすることで髪の毛に十分な栄養を送り込み、髪の毛を成長させることで育毛します。そして、特に頭頂部には血管が多く、ミノキシジル成分による育毛効果を発揮しやすい場所なのです。

 

一方、生え際やM字部分に関しては血管が少なく、ミノキシジル成分の効果による恩恵を受けにくい場所といえます。

 

発毛剤(医薬品)と育毛剤(医薬部外品)の違いを知って使い分ける

ロゲイン等のミノキシジル育毛剤を使う前に試しておくべき育毛剤

良く耳にする『発毛剤』と『育毛剤』ですが、一体何が違うのか知っていますか?中には同じ意味で使っている人も多いようですが、全く別のものです。発毛剤とは髪の毛がない状態から髪の毛を生えさせるもので、育毛剤とは今ある細く短い髪の毛を太く長い髪の毛に育てるものです。

 

つまり、髪の毛がない人が育毛剤を使っても意味はないですし、髪の毛がある人が発毛剤を使っても効果が低いというわけなのです。つまり、自分の薄毛の進行度合いによって発毛剤と育毛剤のどちらかを選択して使い分ける必要があります。

 

地肌が見えていなければミノキシジル育毛剤を使うまでに医薬部外品育毛剤

いわゆる壮年性脱毛症の分類される地肌が見えている状態の薄毛の人にとってはミノキシジル育毛剤を使うのが正しい選択です。この場合は今ある髪の毛を育てるのではなく、髪の毛を生えさせることで薄毛が改善するからです。

 

一方、地肌は見えていないけど髪の毛が細くて弱くなってきたような気がする場合には副作用のない医薬部外品の育毛剤をおすすめします。医薬部外品育毛剤は今ある髪の毛を育てることがメインの効果であり、しかも、副作用の心配もないので安心です。

 

自分がどちらの薄毛に属するかわからない場合には・・・

地肌が見えているような気もするけど、これぐらいは昔からそうだったような気も・・・なんていう人もいると思います。そういう人は自分の抜け毛を確認することで判断するといいです。

 

抜け毛が増えるというのは髪の毛一本一本の生えてから抜け落ちるまでの寿命が短くなっているからです。通常、髪の毛が生えてから抜け落ちるまでは3〜6年ぐらいだといわれているのですが、壮年性脱毛症の場合にはその期間が1年以下だといわれています。つまり、生えてきた髪の毛が長く太く育つ前に抜け落ちてしまっている状態なのです。

 

要するに、抜け毛が細くて短い髪の毛が多い場合は髪の寿命が短くなっているので壮年性脱毛症に属している為、ミノキシジル育毛剤を使用した方が期待できますし、逆に、抜け毛が比較的太くしっかりした毛が多い場合にはミノキシジル育毛剤を使う前に医薬部外品育毛剤を使用すべきだといえます。

副作用の心配がない育毛剤ランキング

私が実際に使ってみて良かったと思う副作用の心配のない育毛剤をランキング形式でご紹介します。副作用のない育毛剤を単体で使用してもいいのですが、育毛効果を考えると個人的には併用で使うのが一番いいと思います。

実際に私も朝はチャップアップ、夜はロゲインという感じでロゲイン副作用を最小限に抑えつつ、育毛効果を最大限に発揮できるように使い続けています。なので、もしロゲインの副作用が心配な方やロゲインと併用して副作用のない育毛剤を使いたい方は是非参考にしてみてください。

チャップアップ
ロゲイン等のミノキシジル育毛剤を使う前に試しておくべき育毛剤 育毛の専門医が推奨している育毛剤。副作用のない育毛剤の中で最も売れている育毛剤です。又、チャップアップには永久返金保証という全額返金保証制度が設けられていて、チャップアップを実際に使って使い心地や効果に満足がいかなかった場合には全額返金してくれるという画期的な保証制度が設けられています。

⇒公式サイトはコチラ


価格 容量 評価
7,400円 120ml ロゲイン,ミノキシジル育毛剤


ポリピュアEX
ロゲイン等のミノキシジル育毛剤を使う前に試しておくべき育毛剤 シリーズ累計300万本突破のロングセラー育毛剤の『ポリピュアEX』。2012〜2016年の5年連続でモンドセレクション金賞を受賞しています。長年愛され続ける育毛剤ということでコストパフォーマンスが良く50〜60代の男性で使用している人が多い育毛剤です。ただし、成分としては何が育毛に効果的なのかはイマイチわかりません。

⇒公式サイトはコチラ


価格 容量 評価
6,800円 120ml ロゲイン,ミノキシジル育毛剤


フィンジア
ロゲイン等のミノキシジル育毛剤を使う前に試しておくべき育毛剤 育毛業界で話題の新成分のキャピキシルとピディオキシジルを配合した、今話題の育毛剤『フィンジア』。ミノキシジルの3倍の育毛効果があるといわれるキャピキシルとミノキシジルとよく似た成分でミノキシジルと同じような育毛効果が期待できるピディオキシジルが配合されており、どちらにも副作用の心配がないという今までになかった育毛剤。ただし、成分が貴重なだけに価格が高い。

⇒公式サイトはコチラ


価格 容量 評価
9,980円 50ml
このページの先頭へ