MENU

ロゲインとプロペシアを併用することで育毛効果が増すという噂の真相

ロゲインとプロペシアを併用することで育毛効果が増すという噂の真相

2017年現在で日本で医薬品として育毛効果が認められている成分はミノキシジルとフィナステリドの二つだけです。

 

そして、よくこの“ミノキシジルを含む育毛剤とフィナステリドを含む育毛剤を併用することで最も高い育毛効果を実現できるというような噂”があるのですがその真相を暴こうと思います。

 

そこで、今回はミノキシジル成分を含むロゲインとフィナステリド成分を含むプロペシアを併用した場合に育毛効果はどうなるのかを元に検証していきます。

 

フィナステリド配合のプロペシアって?

プロペシアは男性型脱毛症の特効薬として作られた医薬品育毛剤で、主成分はフィナステリドです。フィナステリドについてもミノキシジルと同じく、もともとは育毛剤として使用されていたわけではありません。

 

フィナステリドは前立腺肥大の治療薬として使用されていたのですが、副作用により患者の薄毛が改善したという報告が多かった為に、その後、育毛剤としての開発がすすめられました。

 

プロペシアはロゲインよりも更に協力

ミノキシジルが含まれる育毛剤は日本では第一類医薬品に分類されるのですが、プロペシアについては医療用医薬品に分類されます。つまり、ミノキシジル育毛剤については薬局などで薬剤師の指導のもと購入が可能であるに対して、プロペシアについては医師の診断を受けた上で病院や調剤薬局でしか処方してもらうことが出来ません。

 

要するにプロペシアはロゲインよりも育毛効果は期待できるけれど、その分副作用の危険性も高いので医師の診断を受けなければ処方してもらうことが出来ないという事です。

 

プロペシアとロゲインの育毛に対するアプローチ

プロペシアとロゲインは同じ医薬品に分類される育毛剤ですが、育毛に対してのアプローチは違います。

 

プロペシア

男性型脱毛症の原因と言われている男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンの生成を抑制することで薄毛の原因から抑制する働きがあります。

 

ロゲイン

ミノキシジルの血管拡張作用により、頭皮の毛細血管の血流を良くして髪に十分な栄養を送ることで育毛促進を行う働きがあります。

 

 

AGAクリニックではミノキシジルとフィナステリドを併用することが多い

ロゲインとプロペシアを併用することで育毛効果が増すという噂の真相

 

最近テレビCMでよく見かける『薄毛はお医者さんで治る時代』というAGAクリニック。基本的にAGAクリニックは皮膚科医が頭皮を診断し、男性型脱毛症に該当する患者に対しては薬を処方して薄毛を治療するという工程になります。

 

その時に処方されることが多い治療薬というのが、ミノキシジルとフィナステリドです。このミノキシジルとフィナステリドの併用というのはとても理にかなった治療法で、だからこそ専門医も併用して使用しているわけです。

 

まずは、内服タイプのプロペシアで男性型脱毛症の原因をブロックして、脱毛を抑制します。つまり、抜け毛の数が減ることになります。

 

次に、ロゲイン等のミノキシジル外用を投与することで、血行を促進してプロペシアによって抜けずに済んだ髪の毛に十分な栄養を送り込み、太く丈夫な髪の毛を育てていくというサイクルを生み出します。

 

このAGAクリニックによるミノキシジル外用とフィナステリド内服を併用して薄毛治療を行った有名人も多く、お笑い芸人の99の岡村隆さんや雨上がり決死隊の宮迫さんなどもこの方法で薄毛を改善したといわれています。