ロゲイン Rogaine ミノキシジル

ロゲインの主成分であるミノキシジルは育毛に最も効果がある成分だと言われていますが、一体どのようなメカニズムで発毛するのか自己流に徹底考察してみました。
MENU

ロゲインの主成分であるミノキシジルの発毛メカニズムを徹底考察

 

2017年現在の日本において医薬品として『投与することで髪の毛が生える』と国から認められている成分はフィナステリドとロゲインの主成分でもあるミノキシジルの2つだけです。

 

これは日本皮膚科学会が公表している男性型脱毛症診断ガイドラインについてもはっきりと明記されているので間違いない事実であると思います。

 

そして、今回はロゲインの主成分であるミノキシジルの発毛メカニズムについて徹底的に考察していきたいと思います。

 

ミノキシジルは育毛剤ではなく血管拡張剤として使われていた

ロゲインの主成分であるミノキシジルの発毛メカニズムを徹底考察

これは結構有名な話なのですが、ミノキシジルはもともとは高血圧患者の人の血圧を下げるための血管拡張剤として使用されていた薬だったのです。

 

しかし、高血圧患者がミノキシジルを服用することで血圧が下がると同時に、副作用として脱毛症が回復されるという症状がみられ、そのことが切っ掛けで薄毛や脱毛の治療薬として用いられたというのが経緯です。

 

そして、このミノキシジルを使用した世界初の発毛剤がご存じの『ロゲイン』なんです。因みに、日本で発売されているリアップX5もミノキシジルを配合していますが、これはロゲインのジェネリック医薬品です。

 

ミノキシジルの発毛メカニズム

ミノキシジルの発毛メカニズムについては色々な説が挙げられているが未だに詳細は分かっていないのが現状です。そこで、個人的な見解も含めて個人的にミノキシジルの発毛メカニズムを徹底的に考察していきたいと思います。

 

ミノキシジルを使用することで髪の毛が生える流れは、@ミノキシジルで血管が拡張さ血流が良くなる⇒A血流が良くなることで髪に栄養が行きわたる⇒B栄養が届くので元気な髪の毛が生える、というようなものではないかと考えます。

 

ミノキシジルの血管拡張作用

はじめにも言いましたが、ミノキシジルはもともと血管拡張剤として使用されてきたので血管拡張作用があることは間違いありません。高血圧というのは血管が狭くなって血液が通りにくくなっている状態で、これをミノキシジルにより血管を拡張することで血流を良くすることが出来ます。

 

例えるなら、細い道に多くの車が通り抜けようとして渋滞になっている状態でを、ミノキシジルにより道路を広くして渋滞を解消するというようなイメージです。つまり、血管が拡張されると詰まっていた血流が解消されて、血行が良くなります。

 

血行が良くなるり栄養が行きわたる

髪の毛の根元にある毛根は頭皮の毛細血管と直接つながっており、毛細血管から髪の成長に必要な栄養素を受け取ります。つまり、血流が悪いと髪の毛に十分な栄養素は運ばれないことになり、結果的にあ髪の毛は育たなくなります。

 

逆に、血行が良ければ毛細血管を通じて毛根に十分な栄養が運ばれるので健康で元気な髪の毛が生えるということになります。つまり、髪の毛に栄養を送るには血行促進は必要不可欠だということが言えます。

 

発毛効果が高いからこそ起きる初期脱毛

ロゲインの主成分であるミノキシジルの発毛メカニズムを徹底考察

ミノキシジルを配合しているロゲインを使用すると、使用しはじめたから1週間〜2週間で抜け毛が増加する初期脱毛という症状が起こる人が中にはいるようです。

 

抜け毛が増えると聞くとかなり恐ろしい作用だと感じるかもしれませんが実はそうではありません。初期脱毛はロゲインの育毛効果がしっかりと出始めているサインで、ロゲインの副作用ではありません。

 

 

例えるなら、大人の歯が生えるときに乳歯が下から押し出されて抜けるイメージに近く、細くて弱い抜けかけの髪の毛の下からロゲインによって育毛された太くてしっかりとしたけが生えてくることで古い髪の毛が押し出されて抜けてしまいます。

 

つまり、一時的に抜け毛がは増えるのですがその下から元気で健康な髪の毛が生えてきているので、実際には髪全体の量は変わっておらず、むしろ今までよりも太くて長い髪の毛になるので初期脱毛は育毛効果のサインなのです。

副作用の心配がない育毛剤ランキング

私が実際に使ってみて良かったと思う副作用の心配のない育毛剤をランキング形式でご紹介します。副作用のない育毛剤を単体で使用してもいいのですが、育毛効果を考えると個人的には併用で使うのが一番いいと思います。

実際に私も朝はチャップアップ、夜はロゲインという感じでロゲイン副作用を最小限に抑えつつ、育毛効果を最大限に発揮できるように使い続けています。なので、もしロゲインの副作用が心配な方やロゲインと併用して副作用のない育毛剤を使いたい方は是非参考にしてみてください。

チャップアップ
ロゲインの主成分であるミノキシジルの発毛メカニズムを徹底考察 育毛の専門医が推奨している育毛剤。副作用のない育毛剤の中で最も売れている育毛剤です。又、チャップアップには永久返金保証という全額返金保証制度が設けられていて、チャップアップを実際に使って使い心地や効果に満足がいかなかった場合には全額返金してくれるという画期的な保証制度が設けられています。

⇒公式サイトはコチラ


価格 容量 評価
7,400円 120ml ロゲイン,Rogaine,ミノキシジル


ポリピュアEX
ロゲインの主成分であるミノキシジルの発毛メカニズムを徹底考察 シリーズ累計300万本突破のロングセラー育毛剤の『ポリピュアEX』。2012〜2016年の5年連続でモンドセレクション金賞を受賞しています。長年愛され続ける育毛剤ということでコストパフォーマンスが良く50〜60代の男性で使用している人が多い育毛剤です。ただし、成分としては何が育毛に効果的なのかはイマイチわかりません。

⇒公式サイトはコチラ


価格 容量 評価
6,800円 120ml ロゲイン,Rogaine,ミノキシジル


フィンジア
ロゲインの主成分であるミノキシジルの発毛メカニズムを徹底考察 育毛業界で話題の新成分のキャピキシルとピディオキシジルを配合した、今話題の育毛剤『フィンジア』。ミノキシジルの3倍の育毛効果があるといわれるキャピキシルとミノキシジルとよく似た成分でミノキシジルと同じような育毛効果が期待できるピディオキシジルが配合されており、どちらにも副作用の心配がないという今までになかった育毛剤。ただし、成分が貴重なだけに価格が高い。

⇒公式サイトはコチラ


価格 容量 評価
9,980円 50ml
このページの先頭へ