ロゲイン Rogaine かゆみ

ロゲインを使用した時にでる副作用の中でも報告が多い症状の一つにかゆみがあります。ロゲインを使うとどうしてかゆみが出るのか?又、その時にどういった対策をとるべきなのかを解説します。
MENU

ロゲインを使ってかゆみの副作用が出る原因と対策

ロゲインを使ってかゆみの副作用が出る原因と対策

海外医薬品であるロゲインの副作用の中でもよく起こる副作用の一つに頭皮のかゆみがあります。これはロゲインに含まれるミノキシジルという成分が大きく関係しているようです。

 

実際にロゲインを使用している私も頭皮にかゆみを感じることがありました。そこで、ロゲインを使うことでどうして頭皮にかゆみを感じるのか?又、かゆみを感じた場合にはどのような対策をとることが望ましいのかを解説します。

 

ロゲインを使うと頭皮にかゆみを感じる原因とは?

ミノキシジルの血管拡張作用による要因

はじめにも書きましたがロゲインを使用することで頭皮にかゆいを感じる一番の原因は配合されているミノキシジルという成分の影響です。

 

ではなぜミノキシジルが配合されていると頭皮がかゆくなるのでしょうか?今ではミノキシジルという成分は育毛剤に配合されている成分というイメージが強いですが、ミノキシジルはもともとは育毛剤に使用されていた成分ではありません。

 

ミノキシジルはもともとは高血圧の人の血管を拡張させることで、血圧をさ出るための血管拡張剤として使用されていました。しかし、血管拡張剤の副作用として使用した患者の薄毛が改善されたことから育毛剤の成分として用いられるようになったという経緯があります。

 

そして、ミノキシジルを含むロゲインを使用することにより頭皮の血流が良くなり発毛に必要な栄養素が十分に頭皮に行きわたるようになります。

 

しかし、血管が拡張されて血行が良くなるとかゆみが出てきてしまいます。分かりやすい例を出すと、真冬の寒い日に体が冷え切った状態で熱いお風呂に入ると一気に体が温まり血流が良くなって体がムズムズしてかゆくなるのと同じです。

 

これと同じで血流が良くなることで一時的にかゆみを感じることがあります。

 

ロゲインに含まれるアルコールへのアレルギー反応

ロゲインはミノキシジルは水に溶けにくい性質を持っているため、育毛液として使用する上で溶液に性質を持つ成分も含まれています。その主な成分がアルコールとプロピシングリコールという成分です。

 

このアルコールとプロピシングリコール言う成分はアレルギーを誘発する物質とも言われており、ミノキシジルに対してのアレルギー反応ではなくアルコールとプロピシングリコールに対してのアレルギー反応でかゆみを引き起こしている可能性が考えられます。

 

因みに、ミノキシジルそのものにはかゆみはアレルギーを誘発するような成分ではないといわれているようです。

 

こういう人はロゲインを使用するとかゆみが出るかも?

ロゲインの主成分であるミノキシジルの血管拡張作用によるかゆみについてはかゆみが出る人と出ない人の個人差はあるものの実際に使ってみないとわかりません。ですが、アルコールとプロピシングリコールによるかゆみが出るか出ないかについては事前に知ることが出来ます。

 

そこで、ロゲインを使用することでかゆいの副作用が出る可能性が高い人の特徴をまとめました。

 

肌が弱い人

肌が弱い人はアレルギー反応を起こしやすくかゆみが出る可能性が高いです。特にほかのアルコールを含む製品を使用した際に肌にアレルギー反応が出たりかゆみを感じたことが過去にある場合には注意が必要です。

 

もともと頭皮にかゆみがある人

頭皮環境があまり良くなく、不衛生な場合にはロゲインを使用する前から頭皮にかゆみを感じているケースもあります。そういった人がロゲインを使用することでミノキシジルの血管拡張作用によるちょっとした刺激がさらに頭皮のかゆみを誘発する可能性があります。

 

間違った使い方をしている人

ロゲインは医薬品なので用法・容量を正しく守って使用する必要があります。つまり、ロゲインには頭皮に対してそれだけ強い作用があるという事です。ということは使用量や使用回数を守らずに多く使用した場合には頭皮への刺激も強くなり頭皮がかゆくなってしまう恐れがあります。

 

ロゲインでかゆみの副作用が出てしまった時の対策

もし、ロゲインを使用して頭皮にかゆみが出てしまった場合にはそうすればいいのかの対処法を個人的な経験を元に提案します。

 

ロゲインの使用量・使用回数を減らす

ロゲインの推奨使用料は1回1mlを1日2回使用することが推奨されています。しかし、これは最大使用量であってそれ以下の使用回数・使用量であれば何の問題もありません。

 

そこで一回に使用するロゲインの使用量を1ml以下にするか、使用回数を一日一回にするかで自分あったロゲインの使用量・使用回数を確認してみてください。

 

刺激の少ない育毛剤にするもしくは併用する

ロゲインは医薬品なのでハッキリ言って市販されている育毛剤よりも効果が高い反面肌への刺激も強いです。そういった点を考えると医薬部外品の頭皮への刺激が少ない育毛剤に切り替えるかもしくは併用してもいいかと思います。

 

私の場合は朝は副作用の心配がない医薬部外品育毛剤を使用して、夜はロゲインを1ml以下で気になる頭頂部と生え際にだけつけることでかゆみの副作用がなくなりました。

副作用の心配がない育毛剤ランキング

私が実際に使ってみて良かったと思う副作用の心配のない育毛剤をランキング形式でご紹介します。副作用のない育毛剤を単体で使用してもいいのですが、育毛効果を考えると個人的には併用で使うのが一番いいと思います。

実際に私も朝はチャップアップ、夜はロゲインという感じでロゲイン副作用を最小限に抑えつつ、育毛効果を最大限に発揮できるように使い続けています。なので、もしロゲインの副作用が心配な方やロゲインと併用して副作用のない育毛剤を使いたい方は是非参考にしてみてください。

チャップアップ
ロゲインを使ってかゆみの副作用が出る原因と対策 育毛の専門医が推奨している育毛剤。副作用のない育毛剤の中で最も売れている育毛剤です。又、チャップアップには永久返金保証という全額返金保証制度が設けられていて、チャップアップを実際に使って使い心地や効果に満足がいかなかった場合には全額返金してくれるという画期的な保証制度が設けられています。

⇒公式サイトはコチラ


価格 容量 評価
7,400円 120ml ロゲイン,Rogaine,かゆみ


ポリピュアEX
ロゲインを使ってかゆみの副作用が出る原因と対策 シリーズ累計300万本突破のロングセラー育毛剤の『ポリピュアEX』。2012〜2016年の5年連続でモンドセレクション金賞を受賞しています。長年愛され続ける育毛剤ということでコストパフォーマンスが良く50〜60代の男性で使用している人が多い育毛剤です。ただし、成分としては何が育毛に効果的なのかはイマイチわかりません。

⇒公式サイトはコチラ


価格 容量 評価
6,800円 120ml ロゲイン,Rogaine,かゆみ


フィンジア
ロゲインを使ってかゆみの副作用が出る原因と対策 育毛業界で話題の新成分のキャピキシルとピディオキシジルを配合した、今話題の育毛剤『フィンジア』。ミノキシジルの3倍の育毛効果があるといわれるキャピキシルとミノキシジルとよく似た成分でミノキシジルと同じような育毛効果が期待できるピディオキシジルが配合されており、どちらにも副作用の心配がないという今までになかった育毛剤。ただし、成分が貴重なだけに価格が高い。

⇒公式サイトはコチラ


価格 容量 評価
9,980円 50ml
このページの先頭へ