医薬品育毛剤 医薬部外品育毛剤

育毛効果が高い医薬品育毛剤と育毛効果は緩やかだけど副作用の心配がない医薬部外品育毛剤のどっちを購入すればいいのか悩んでいるあなたは是非参考にしてみてください。
MENU

医薬品育毛剤と医薬部外品育毛剤ではどっちを購入すべき?

医薬品育毛剤と医薬部外品育毛剤ではどっちを購入すべき?

 

医薬品育毛剤と医薬部外品育毛剤ではそれぞれにメリットとデメリットがあるので、一概にすべての人に対してどちらがいいですよとは言えません。

 

そこで、今このページを見ているあなたには医薬品育毛剤と医薬部外品育毛剤のどちらがいいかの判断基準を解説していきたいと思います。

 

医薬品育毛剤と医薬部外品育毛剤の違いとは?

育毛剤は薬機法(旧薬事法)により『医薬品育毛剤』、『医薬部外品育毛剤』、『化粧品育毛剤』のどれかに分類されており、その分類されるジャンルによって効果・効能が及ぶ範囲が明確に違ってきます。

 

医薬品育毛剤

医薬品育毛剤は薄毛の「治療」を目的として使用される薬のことで、厚生労働省から配合されている成分の有効性がしっかりと認められている育毛剤のことを言います。医薬品育毛剤は医師が処方するものもあればドラッグストアや薬局などで薬剤師などに相談して購入するものもあります。

 

医薬部外品育毛剤

医薬部外品育毛剤は薄毛の「治療」というよりは、「育毛・予防」を目的として使用され、育毛剤に配合されている成分も厚生労働省が有効性を認めた成分が一定濃度配合されている育毛剤です。医薬品育毛剤にについてはドラッグストア以外にネット通販などでも購入が可能です。

 

化粧品育毛剤

化粧品育毛剤は医薬部外品育毛剤と比較してもさらに効果・効能が緩やかで、「清潔にする」ことを目的としてしようされる育毛剤です。化粧品育毛剤は厚生労働省から効果・効能が認められていないのでパッケージや公式サイトなどで「効果」を謳えないことになっています。

 

そして、これらの育毛剤の効果の強さは以下のようになります。

化粧品育毛剤<医薬部外品育毛剤<医薬品育毛剤

 

自分はどの育毛剤を使うべきなのかの判断基準

医薬品育毛剤と医薬部外品育毛剤ではどっちを購入すべき?

上にも書いた通り医薬品育毛剤が薄毛に最も効果があるというのは事実です。そうであれば、「すべての人が医薬品育毛剤を使用すればいいのでは?」と思うかもしれませんが決してそうではありません。

 

なぜなら、医薬品育毛剤は効果が高いというメリットがある反面、副作用の心配があるというデメリットも存在するからです。つまり、薄毛の進行度合いによって育毛剤の効果と副作用のバランスを考えることで自分が使うべき育毛剤の種類がわかります。

 

地肌が見えている面積が大きければ医薬品育毛剤を使うべし!

地肌が見えている面積が大きいということは、抜け毛の本数が多く、抜けたところから次第に髪の毛が生えてこなくなって髪の毛の密度が低くなっているということが言えます。こういった人は今ある髪の毛を育てるだけでは薄毛の回復は出来ず、新たに髪の毛を発毛させて髪の毛の密度を高めていく必要があります。

 

そこで効果的なのが医薬品育毛剤です。ミノキシジルが配合されている薬品育毛剤にはしっかりと発毛効果も認められているので、まずは医薬品育毛剤を使用して髪の毛密度を高めることで薄毛の治療を行う必要があります。

 

「少し薄くなってきたかな?」という人は医薬部外品育毛剤を使うべし!

「最近抜け毛が増えてきたような気がする。」、「昔に比べて薄くなったようなきがする。」、「最近髪質が変わってきた。」など、今までに比べて髪の変化を感じ始めた場合には医薬部外品育毛剤の使用をおすすめします。勿論、この時期からすでに医薬品育毛剤を使用しても構わないのですが、経度の薄毛の人には医薬品育毛剤で受ける効果の恩恵よりも、副作用の発症の危険性があるというデメリットの方が大きいので、メリットとデメリットのバランスを考えた場合には医薬部外品育毛剤を使った方がいいです。

 

また、その他にも「将来薄毛になりたくないから薄毛予防をしたい」という人にも医薬部外品育毛剤がおすすめです。薄毛予防をしたいと考える多くの人は育毛剤ではなくスカルプケアシャンプーを使う人がここ最近では多いのですが、実はスカルプシャンプーに育毛効果は全くないので意味がないのです。

 

なぜなら、スカルプシャンプーとは薬機法(薬事法)の分類でいうと、化粧品に分類され、髪や頭皮を清潔に保つことを目的として使用するもんであって、育毛・薄毛予防を目的として使用するものではないからです。また、これらの効果・効能については厚生労働省から認められているわけでもないので、もちろん育毛効果を宣伝することも禁止されています。

 

つまり、本来薄毛を予防したいのであればスカルプケアシャンプーではなく、医薬部外品育毛剤を使用すべきであり、薄毛の治療をするのであれば、医薬部外品育毛剤を使うのではなく医薬品育毛剤を使うべきなのです。

副作用の心配がない育毛剤ランキング

私が実際に使ってみて良かったと思う副作用の心配のない育毛剤をランキング形式でご紹介します。副作用のない育毛剤を単体で使用してもいいのですが、育毛効果を考えると個人的には併用で使うのが一番いいと思います。

実際に私も朝はチャップアップ、夜はロゲインという感じでロゲイン副作用を最小限に抑えつつ、育毛効果を最大限に発揮できるように使い続けています。なので、もしロゲインの副作用が心配な方やロゲインと併用して副作用のない育毛剤を使いたい方は是非参考にしてみてください。

チャップアップ
医薬品育毛剤と医薬部外品育毛剤ではどっちを購入すべき? 育毛の専門医が推奨している育毛剤。副作用のない育毛剤の中で最も売れている育毛剤です。又、チャップアップには永久返金保証という全額返金保証制度が設けられていて、チャップアップを実際に使って使い心地や効果に満足がいかなかった場合には全額返金してくれるという画期的な保証制度が設けられています。

⇒公式サイトはコチラ


価格 容量 評価
7,400円 120ml 医薬品育毛剤,医薬部外品育毛剤


ポリピュアEX
医薬品育毛剤と医薬部外品育毛剤ではどっちを購入すべき? シリーズ累計300万本突破のロングセラー育毛剤の『ポリピュアEX』。2012〜2016年の5年連続でモンドセレクション金賞を受賞しています。長年愛され続ける育毛剤ということでコストパフォーマンスが良く50〜60代の男性で使用している人が多い育毛剤です。ただし、成分としては何が育毛に効果的なのかはイマイチわかりません。

⇒公式サイトはコチラ


価格 容量 評価
6,800円 120ml 医薬品育毛剤,医薬部外品育毛剤


フィンジア
医薬品育毛剤と医薬部外品育毛剤ではどっちを購入すべき? 育毛業界で話題の新成分のキャピキシルとピディオキシジルを配合した、今話題の育毛剤『フィンジア』。ミノキシジルの3倍の育毛効果があるといわれるキャピキシルとミノキシジルとよく似た成分でミノキシジルと同じような育毛効果が期待できるピディオキシジルが配合されており、どちらにも副作用の心配がないという今までになかった育毛剤。ただし、成分が貴重なだけに価格が高い。

⇒公式サイトはコチラ


価格 容量 評価
9,980円 50ml
このページの先頭へ