ロゲイン リバウンド

育毛剤の使用をする中で気になるのが使用を辞めた後のリバウンドです。せっかく育毛剤を使って髪の毛が増えても、その後に抜け毛が増えて元に戻ったのでは意味がありません。ロゲインの使用を止めると本当にリバウンドするのでしょうか?
MENU

ロゲインの使用を止めると本当にリバウンドで抜け毛が増えるのか?

ロゲインを購入しようか迷っている人やロゲインを使い続けている人は
『途中でロゲインの使用を辞めると、リバウンドでまた抜け毛が増えるのでは?』と心配してしまうと思います。

 

ロゲインにおいてのリバウンドとは、ロゲインを使ってから髪の毛の本数が増えた、もしくは、抜け毛が減った髪の毛が太くなったりコシやハリが出てきて改善の兆しが見えているのに、使用を辞めてしまった途端にまた抜け毛が増えたり、太くなった髪の毛が細い髪の毛に戻ってしまう状態を言います。

 

実際にロゲインを使っている人のネットでの口コミを見てもリバウンドが起こったことを報告している人も多いですし、中にはロゲインを止めてから、ロゲインを使う前よりも、薄毛が進行してしまったというような口コミも目にします。

 

決して、ロゲインのリバウンドは他人事ではないので実際にどれぐらいリバウンドするのかや、リバウンドしない為にはどうすればいいのかを調べてみました。

 

根本治療ではないので使用を止めるとリバウンドは起こってしまう

ハッキリ言って、薄毛を治療する為に育毛剤を使う以上はリバウンドは起こりうることなのです。なぜかというと、ロゲインは抜け毛や薄毛の根本的な原因を完治するものではなく、薄毛や抜け毛の原因を抑制する症状軽減療法だからです。

 

ロゲインに含まれるミノキシジルには血管を拡張して、血流を良くして毛乳頭細胞に働きかけ、抜け毛を抑制するとともに育毛を促進する作用があります。

 

しかし、血管を拡張しているのはロゲインを使用した一時的な効果であって、使用を止めるとまた血管はもとの状態に戻ってしまい、薄毛の根本原因と言われている男性ホルモンDHTをすべて取り除いてくれるわけではありません。

 

つまり、ロゲインを使用している時にだけ薄毛になる原因が抑制されている状態が続いているのです。

 

そうなると、ロゲインの使用を止めてしまうと薄毛の原因が抑制されなくなり、薄毛の進行がロゲイン使用時よりも急速に加速することになりリバウンドが起こってしまいます。

 

勿論、個人差はあるようなのですが中にはロゲインの使用を止めたけど薄毛の進行は比較的緩やかだった方や、逆にロゲインを止めたから一気に抜け毛が増えてしまったという人もいるようで、こればかりやロゲインを止めてみないとわかりません。

 

ただ、勘違いしている人が多いのですが、ロゲインを止めることでロゲインを使用する前よりも薄毛が酷くなる切っ掛けなるという明確な根拠は今のところないようです。

 

薄毛は進行していくものなので、使用中と使用を止めた後では差があるので『一気に抜け毛が増えた』と表現されている可能性が高く、ロゲインを使用することが薄毛進行の原因にはならないので副作用を加味しない育毛の観点だけで考えるとプラスであることは間違いありません。

 

同様のことがフィナステリドやほかの育毛剤にも言える

リバウンドという症状はなにもロゲインだけに限った話ではありません。
ミノキシジルと同じく男性型脱毛症診断ガイドラインで育毛治療をする上で育毛効果に十分な化学的根拠がある『フィナステリド』を含む内服タイプの育毛剤でも同じことが言えます。

 

フィナステリドはロゲインと違い薄毛の原因である男性ホルモンDHTを生み出す5αリゼクターゼを抑制し、抜け毛の原因そのものを生じさせない働きがあります。

 

ですが、これもやはり薄毛の原因の根本を治療するのではなく、服用している間だけ5αリゼクターゼを抑制するのであって、服用を止めると再び5αリゼクターゼによって男性ホルモンDHTが生成され始めます。

 

その他の育毛剤でも同じで、今現在ある育毛剤の中で育毛の原因を根本から治療できる育毛剤は存在していないので、ロゲインのような症状軽減療法である以上は使用を止めてしまうとリバウンドが起こることは避けることが出来ません。

 

では、リバウンドをここしたくない場合にはどんなことを気を付けてロゲインを使用したり、ほかの育毛剤を選べばいいのでしょうか?

 

効果はもちろん、副作用や使用感も踏まえて育毛剤を選ぶ!

育毛をするうえで育毛剤を使うのであればリバウンドは避けられないということは理解してもらえたと思います。つまり、育毛剤を選ぶうえでの基準としては『効果』と同じくらい『継続使用可能か?』がかなり重要だということになってきます。そこで育毛剤を選ぶうえで以下の3つの基準を知っておくと今後の育毛剤選びでかなり役に立つと思います。

 

育毛効果に根拠がないと意味がない!

まず、一番大事なのがロゲインのような育毛効果に化学的な根拠があると学会で発表されている成分を配合していたり、育毛の専門医が推奨しているなどの育毛効果の根拠がはっきりとしている育毛剤を選ぶことです。

 

又、継続して使用を続けて、使用前と使用後で産毛は生えたか?髪は太くなったか?髪のコシやハリはどうか?などの効果をしっかりと比較して大体1年ぐらい使って効果が実感できない場合には今後も劇的な効果は見込めないので別の育毛剤や育毛法に乗り換えることをおすすめします。

 

使用感が悪いと続けられない!

育毛剤は毎日使用するものなので使用感が悪ければ、使用するたびに不快な思いをしなければならず継続することが難しくなります。また、無理して使用を継続することでそれがストレスとなり、そのストレスが薄毛の原因になってしまっては本末転倒です。

 

例えば、ミノキシジル成分を含むロゲインやリアップX5などは、使用後に頭皮にべたつきを感じるので、その使用感が苦手だという人はかなり多いです。実際に私自身もリアップを使用したことがあるのですがこのべたつきが嫌でリアップX5の使用を止めました。

 

それに比べてロゲインはリアップX5程はべたつきがないので使用を継続することが出来ています。

 

また、通販で販売されている育毛剤のなかには全額返金保証期間付きの育毛剤もあるので、使用感がいいか悪いかを確かめるのに試してみてもいいですね。

 

副作用は口コミを頼ってはいけない!

最後に副作用についてですが、育毛剤は育毛成分を毎日頭皮から吸収し続けるので、頭皮が炎症を起こしたりかゆみや痛み、ほてりなどの肌への作用を及ぼす可能性も十分にあります。この場合は、例え育毛効果があったとしても使用を断念せざるを得ません。髪が生えるどころか薄毛悪化の原因になりかねないからです。

 

また、無理して継続しようしてしまい副作用の症状が悪化してしまうとほかの育毛剤ですら使用することが出来ないぐらい頭皮の状態が悪化する可能性もあるので副作用があるかないかは育毛剤を継続して使用するうえでかなり重要です。

 

よく、育毛剤の副作用の情報を口コミで調べて参考にしている人がいるのですが、ハッキリ言って全くあてになりません。なぜなら、副作用が起こるか起こらないかは使用する人の体質にかなり依存するからです。

 

この副作用が起こるか起こらないかについて、アレルギーを起こしたことがある人や未成年者、高血圧、心臓または腎臓に障害のある人、むくみのある人などは副作用を起こす危険性が高いのでロゲインお使用は諦めて、別の育毛剤を使用することをお勧めします。

副作用の心配がない育毛剤ランキング

私が実際に使ってみて良かったと思う副作用の心配のない育毛剤をランキング形式でご紹介します。副作用のない育毛剤を単体で使用してもいいのですが、育毛効果を考えると個人的には併用で使うのが一番いいと思います。

実際に私も朝はチャップアップ、夜はロゲインという感じでロゲイン副作用を最小限に抑えつつ、育毛効果を最大限に発揮できるように使い続けています。なので、もしロゲインの副作用が心配な方やロゲインと併用して副作用のない育毛剤を使いたい方は是非参考にしてみてください。

チャップアップ
ロゲインの使用を止めると本当にリバウンドで抜け毛が増えるのか? 育毛の専門医が推奨している育毛剤。副作用のない育毛剤の中で最も売れている育毛剤です。又、チャップアップには永久返金保証という全額返金保証制度が設けられていて、チャップアップを実際に使って使い心地や効果に満足がいかなかった場合には全額返金してくれるという画期的な保証制度が設けられています。

⇒公式サイトはコチラ


価格 容量 評価
7,400円 120ml ロゲイン,リバウンド


ポリピュアEX
ロゲインの使用を止めると本当にリバウンドで抜け毛が増えるのか? シリーズ累計300万本突破のロングセラー育毛剤の『ポリピュアEX』。2012〜2016年の5年連続でモンドセレクション金賞を受賞しています。長年愛され続ける育毛剤ということでコストパフォーマンスが良く50〜60代の男性で使用している人が多い育毛剤です。ただし、成分としては何が育毛に効果的なのかはイマイチわかりません。

⇒公式サイトはコチラ


価格 容量 評価
6,800円 120ml ロゲイン,リバウンド


フィンジア
ロゲインの使用を止めると本当にリバウンドで抜け毛が増えるのか? 育毛業界で話題の新成分のキャピキシルとピディオキシジルを配合した、今話題の育毛剤『フィンジア』。ミノキシジルの3倍の育毛効果があるといわれるキャピキシルとミノキシジルとよく似た成分でミノキシジルと同じような育毛効果が期待できるピディオキシジルが配合されており、どちらにも副作用の心配がないという今までになかった育毛剤。ただし、成分が貴重なだけに価格が高い。

⇒公式サイトはコチラ


価格 容量 評価
9,980円 50ml
このページの先頭へ