MENU

ロゲインとフィンジアの違いを徹底比較|購入するならどっち?

ロゲインとフィンジアの違いを徹底比較|購入するならどっち?

 

世界で初めてミノキシジル成分を配合した育毛剤のロゲインとキャピキシル成分を配合した今爆発的に売れている育毛剤のフィンジア。

 

ロゲインとフィンジアではどういったところに違いがあるのでしょうか?また、購入するならどちらを購入するほうが良いのでしょうか?

 

この記事ではロゲインとフィンジアの価格や効果、副作用などを比較してどちらを購入するべきかを解説していきたいと思います。

 

価格で比較

ロゲイン フィンジア
通常価格 4,180円 12,800円
最安値 2,860円 9,980円

 


ロゲインは最安値価格が3,000円以下で購入出来るのに対してフィンジアは最安値価格でもギリギリ1万円以下でしか購入できないのでロゲインとフィンジアを比較した場合には圧倒的にロゲインの方が安いです。

 

これはロゲインが海外の育毛剤であることと、キャピキシルが開発されてまだ間もない成分なので価格が高く維持されていることが理由として挙げられます。

 

ただし、育毛剤1本に対して3倍の価格差があるのはどう考えても企業努力の足りなさを感じますね。

 

効果で比較

続いてはロゲインとフィンジアに配合されている成分をもとに育毛効果について比較していきたいと思います。

 

まず、ロゲインに配合されている主成分はミノキシジルです。このミノキシジルは育毛に最も効果期待できる成分として全世界で使われている成分です。そして、このミノキシジル成分を育毛剤に一番初めに配合したのがこのロゲインなのです。

 

日本でもリアップX5というミノキシジルを配合した日本で唯一の発毛剤がありますが、リアップX5もロゲインをもとにジェネリック医薬品として開発された製品なのです。つまり、ロゲインにも発毛効果が期待できるのは間違いありません。

 

一方、フィンジアに配合されている主成分はキャピキシルとピディオキシジルです。キャピキシルとはアカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド3というアミノ酸成分を配合して作られた成分でミノキシジルの3倍の発毛シグナルを発するといわれています。

 

ピディオキシジルに関してもミノキシジルを基に開発されて成分で、分子構造がミノキシジルに酷似していることからミノキシジル誘導体とも呼ばれており、ミノキシジルと同じような効果が期待できます。

 

では、ロゲインとフィンジアのどちらの方が効果が期待できるかと言えば、やはりミノキシジル配合のロゲインの方が効果が期待できると思います。

 

なぜなら、確かにキャピキシルやピディオキシジルに関しては研究データでミノキシジルに勝るとも劣らないかなり優秀な結果を出していますが、これはあくまでも開発メーカーの発表であって実際の医療機関や国が公表しているデータではありません。

 

ミノキシジルに関しては全世界で使用されている育毛成分でありその育毛効果に関するデータは医療機関や国などのありとあらゆる機関が公表しているので折り紙付きというわけなのです。

 

よって、ロゲインとフィンジアの効果を比較した場合にはロゲインの方が効果が期待できると言えます。

 

副作用で比較

いくら髪の毛が増えても、育毛剤の副作用によって健康を害したり頭皮の状態が悪化してしまっては本末転倒なので、最後にロゲインとフィンジアの副作用を比較していきたいと思います。

 

まず、ロゲインに関しては配合されているミノキシジルの影響で副作用の危険性があります。ミノキシジルによって発現する可能性がある副作用はロゲインで起こりやすい副作用ベスト3の記事に記載しているので詳しいことは割愛させてもらいます。

 

ただ、日本の厚生労働省が発表しているデータによるとミノキシジル成分を配合している育毛剤を使用して副作用が起こる可能性は8%だそうです。しかも、ロゲインは日本国内では医薬品としては認められていないので副作用が起こって病院に通院したとしても保険は適用外になってしまい、全額負担しなければいけないというデメリットもあります。

 

一方、フィンジアに関してはミノキシジルと同じような育毛効果が期待できるキャピキシルとピディオキシジルが配合されているので、副作用の危険性がかなり高いように感じますが、フィンジアには副作用の心配は一切ありません。

 

その証拠に、ミノキシジルが配合されているリアップX5やロゲインには副作用の危険性があるので女性や未成年、循環器系や心臓に疾患がある人は使用を禁止されていますが、フィンジアに関しては副作用の心配はないので使用の制限はありません。

 

 

ロゲインとフィンジアの違いを徹底比較|購入するならどっち?
価格と育毛効果に関しては圧倒的にロゲインの方が優れている
ロゲインを使用して副作用が起こる可能性は8%
ロゲインの副作用で通院したとしても保険は適用外
副作用が心配な人は副作用の心配がないフィンジアがおすすめ